毎日を全力で楽しもう

 最近、2025年問題という言葉をよく聞く。団塊の世代が後期高齢者となる75歳に達するのが2025年なのだ。4人に1人が75歳以上となり、これまで社会を支えてきた世代が今度は給付を受ける側となり、医療、介護、福祉のニーズが急速に高まり、社会保障財政のバランスが崩れるともいわれている。医療と介護の連携、在宅医療態勢の確立がいま盛んにいわれているのもよく分かる。医療や介護分野の講演会や研修会の取材も年々増えているのを肌で感じる。
 同時に、看取りという言葉もよく聞かれるようになった。人生の最期をどのように迎えるか、四十路の筆者の世代はまだそこまで考える余裕はないが、終活と呼ばれるように準備する人も増えてきている。自分の葬式や墓、財産や相続、また病気になった場合に延命措置を希望するのかなど、あらかじめ本人の意思をはっきりさせておくことは大切なことだ。先日、社会医療法人黎明会の講演会で、元バリバリの外科医でいまは老人ホームで勤務する石飛幸三医師の話を聞いて、あらためて意思表示の大切さを感じさせられた。
 石飛医師いわく、栄養剤を投与し続けて長生きするよりも、自然に最期を迎える方が幸せなのではないかと。それはいかに最期を迎えるかというよりも、普段をいかに生きるかが大切なことだといわれているように感じた。筆者の世代なら、いかに毎日を充実した日にするかであろう。以前も紹介したが、アップル社共同設立者の故スティーブ・ジョブズ氏は毎日自分に問いかけていたという。「今日が人生の最期の日なら、今日やることは本当にやりたいことだろうか」と。毎日を後悔なく全力で生きる、心がけたいことである。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る