県が紀州備長炭指導製炭士認定へ

 和歌山を代表する特用林産物「紀州備長炭」の製法継承へ、高度な技術を持つ生産者の中から認定される「紀州備長炭指導製炭士」について28日、県は新たに3人を認定。日高地方からは、日高川町紀州備長炭保存会会長の足川修さん(56)=同町山野=が選ばれた。
 紀州備長炭は世界に誇る硬質白炭。県はその伝統的製法を継承し、「択伐」施業による循環型原木林の復活を促進するため、製炭業務を20年以上続け、後継者育成に積極的で熱意のある人の中から指導製炭士を認定(現在は8人)している。主な活動は地域の新人ら後継者の育成、紀州備長炭の選別・格付けの指導、伝統製法の技術指導や備長窯の構築技術の指導など。
 足川さんは製炭の仕事を始めて23年。地域の若手製炭者の技術指導に努め、これまでに3人の直属の弟子をとって育成しており、現在、県木炭協同組合の副理事長も務めている。
 認定されるのは足川さんのほか、田辺市木炭生産者組合組合長の北山増男さん(63)=田辺市秋津川=、東牟婁木炭生産者組合理事の阪本啓美さん(59)=那智勝浦町湯川=。28日午後1時半から県庁知事室で認定証が交付される。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る