土俵から目がはなせない

 荒れる春場所。先場所の日本出身力士10年ぶりの琴奨菊の優勝で他の日本人力士も刺激を受けたか、大関稀勢の里、前頭筆頭琴勇輝、地元大阪の勢らの力強さが目立つ。また、結果は出ないものの、関脇豊ノ島、嘉風の連日の健闘も光り、前へ、前へ、先々場所とは明らかにムードが変わってきた。
 今場所、際立った安定感をみせているのが初優勝に期待がかかる稀勢の里。どっしり構えてまわしをつかみ、勝機とみても先場所までのように慌てて出ない。じわりじわりと相手を追い込み、最後まですきを与えず寄り切る相撲は、横綱以上の貫録を感じるが、上位陣とのここからが勝負となる。
 一方、ご当地の大関豪栄道は10日目まで9勝1敗と好調ながら、カド番脱出に王手をかけた8日目の栃ノ心戦で変化をみせ、満員の館内の大ブーイングを浴びた。年6場所のうち大阪は1回、入手困難な高額チケットを買って見に来たファンも、そんなせこい相撲を見せられては気分も悪かろう。屈辱のため息と罵声に発奮、意地をみせてもらいたい。
 もっと情けないのは横綱白鵬。朝青龍ばりの過剰なダメ押しはもはやスタイルとなり、8日目に嘉風を血祭りに上げた一番は、あまりのえぐい相撲に館内が静まり返った。3発の左張り手と右のかち上げで嘉風の体が裏返り、最後は足を抱え込んで土俵下に投げ捨てた。148㌔の嘉風が直撃した井筒審判長はそのまま動けず、救急車で病院送りとなった。
 御坊出身の三段目栃乃島は残念ながら負け越したが、幕下では関学出身の「居反り」の宇良が勝ち越しを決め、来場所での十両昇進が見えてきた。これに遠藤も故障から完全復帰すれば、若貴以来のブーム再来も遠くない。残り5番、土俵から目がはなせない。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る