梅食育普及委員会が梅パワーの食育本発刊

 みなべ町、田辺市、JA紀州、JA紀南で構成する梅食育普及促進協議会(会長・久保秀夫JA紀州代表理事組合長)は、梅の機能性などを紹介した梅の食育本「梅パワーのひみつ」を発刊する。2万9000冊を製作し、全国の小学校約2万1300校と公立図書館3200カ所に寄贈。久保会長は「日本食の代表的な梅の良さを、若い世代に見直してもらいたい」と話している。
 行政とJAが連携し、昨年4月に同協議会を発足。チョーヤ梅酒㈱、県農業協同組合中央会なども製作に協力し、㈱学研プラスから「まんがでよくわかるシリーズ」として発刊となる。タイトルに「がんのひみつ」「埼玉県のひみつ」「冷凍食品のひみつ」など「○○のひみつ」と付く児童書シリーズは114作目。マンガを通じて梅の機能性を中心に梅の歴史、世界農業遺産認定地である産地の取り組み、日本の食文化の梅について自発的に学習できるようになっている。内容は「梅が持つスーパーパワー」「日本文化と梅」「和歌山県に行こう」「梅からできる食べ物と飲み物」など6章とプロローグ、エピローグから成る。全128㌻。
 都会に住む小学生4人(小山陸、高田真衣、竹中豊、中本かな)が主人公で、太陽が照りつける夏に小山陸がサッカーの試合中に気分が悪くなり、木陰で休んでいると高田真衣が「魔法のボール」と1粒の梅干しを差し出す。この魔法のボールに興味を持ち、4人で梅について調べ始めるというストーリー。今月末までに全国の小学校や図書館などに寄贈する。
 22日にはみなべ町役場で久保会長、小谷芳正町長、真砂充敏田辺市長、本田勉JA紀南代表理事組合長の4人が会見。久保会長は「梅の消費が衰退しているが、小さい頃から梅の良さを理解してもらい、消費拡大につながればと思う。日本食の代表的な梅について理解し、機能性なども分かってもらいたい」と話した。同協議会では全国の小学校児童を対象に梅ジュースづくり体験などを実施する方針で、5、6月に希望を募り、7月以降に講師を派遣することも企画している。学校給食に梅干しを取り入れてもらうために梅干しの提供も行う。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る