笑顔とおしゃべりで若返ろう!

 いろんな講演や専門家の話を聞くと、「笑うこと」が若返りにつながるという。笑顔をつくるときに使われる表情筋が動くと、脳内に快感物質が増えて、ストレス発散。さらに免疫力が上がったり、血圧や血糖値が下がるという研究結果もある。もう一つ、おしゃべりにも若返りの効果があると言われる。唾液腺ホルモンの「パロチン」が出て、骨や歯を丈夫にして皮膚の代謝を活性化するそうだ。
 先日、由良町とふるさと協定を締結している摂南大学の学生が地元の高齢者を対象に「回想法」と呼ばれる認知症予防法を実践。回想法は、「高齢者の思い出に対して共感的に受け入れる姿勢をもって意図的に働きかけることによって、高齢者に人生に対する再評価や自己の強化を促し、心理的な安定や記憶力の改善を図る療法」らしい。簡単に言えば、楽しみながら思い出話をするだけ。高齢になると最近のことは忘れがちになるが、昔のことはよく覚えており、これを利用するのがポイント。由良町では学生と高齢者が、古い写真を見ながら和やかに歓談。笑顔とおしゃべりのひとときで、高齢者の表情が生き生きとし、まさに若返っているように感じた。
 こういった回想法は、楽しいおしゃべりを基本としているため、場所を選ばず、費用もかからない。日高地方の各地では、高齢者のデイケアサロンを行っているが、一度取り入れてみてはどうだろう。おしゃべりの相手には、地元の子どもたちを招待。高齢者にとっては若い元気も分けてもらい、子どもたちにとっては年配者の知識や知恵を学べるなど、世代間交流の機会にもなるだろう。笑顔とおしゃべりがあふれる地域づくりを!(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘いですやん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る