危険に対する判断基準を高めよう

 未曾有の大災害といわれた東日本大震災から丸5年が経過した。死者と行方不明者を合わせると1万8000人を超え、そのうち9割に当たる1万4000人は津波による溺死だった。地震そのものよりも津波の怖さが際立った災害だったのではないだろうか。建物も同じで、津波で甚大な被害を被った▼各自治体ではこの災害を教訓にさまざまな対策を検討している。特に津波に対して重点を置き、いかに早く安全な高台に逃げるかということが大きな焦点だ。海岸地域で近くに避難できるような高台がない場合などは避難タワーの建設などが検討されているほか、避難路の整備も着々と進められている▼日本は地震大国。近年は東日本大震災ばかり取り上げられがちだが、平成7年には阪神大震災が発生し、死者6434人、行方不明者3人を出した。当地方でも近い将来に南海トラフの巨大地震などが予想されているのは周知の通り。過去の災害を教訓として現在に生かさなければならない。それは行政だけでなく、住民自身も同じこと。しかし、実際に非常食などの避難用具を用意している家庭はどれぐらいいるだろうか。データ的なことは分からないが、おそらく少ないのではないか。「大地震が発生するのは分かっている。しかし、きょう、明日はたぶん大丈夫」という油断の気持ちの表れかもしれない▼東日本大震災では大半が津波で亡くなった。地震発生直後は、犠牲者のほとんどが生きていたことになる。過去の災害の恐怖を真摯に受け止めていれば、多くの命は助かったのではないか。自分の命を守るには、危険に対する判断基準を高める必要がある。「いま何ができるか」と考えてみるべきだ。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. わざわざありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る