今秋のみなべ町長選へ現職小谷氏が出馬表明

 みなべ町の小谷芳正町長(66)=筋・2期=は11日、任期満了(10月23日)に伴う首長選(町議とのダブル選)に出馬する考えを明らかにした。この日再開した議会本会議一般質問の答弁の中で、「多くの方々から『世界遺産を生かし、ふるさとを発展させるためにリーダーシップを発揮してほしい』との声をいただいた。その声に応えるのが使命」と3選出馬へ意欲を示した。
 昨年の12月議会でも次期町長選への考えを問う質問があったが、「まだまだやらなければならないことがある。任期まで精いっぱい頑張りたい」と明言を避けていた。今議会では北谷清治議員が意向をただし、これまでの実績を挙げながら「多くの課題が残されています。現在もいろんな事業に取り組まれていますが、町長に対する批判や悪評など聞いたことがない。むしろ、多くの町民から続投を求める声を耳にする。町長の決断を聞かせてほしい」と求めた。答弁に立った町長は「本年度は防災対策、福祉、教育、環境、産業など早急に進めなければならない喫緊の課題もある。熟慮に熟慮を重ねた結果、信頼いただいている皆さんにお応えすることが使命と考え、次期町長選に出馬の決意を固めた。次の世代により良い形で引き継いでいくためにも、誠実に全力で取り組んでいきたいと考えている」と3期目への出馬を表明した。
 現時点で首長選に名乗りを上げているのは小谷町長だけだが、議会の中には出馬に向けた動きを進めている議員もおり、近く正式に表明するとみられている。もし選挙戦になれば、みなべ町合併直後の平成16年10月に山田五良氏が元町職員と戦って以来、12年ぶりとなる。
 小谷町長は昭和43年に旧南部川村役場に奉職。町職員、副課長などを経て、平成20年、24年と連続で首長選に無投票当選。

関連記事

フォトニュース

  1. 春告げるツクシがニョキッ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る