御坊市在宅医療推進協が発足

御坊市内の医療と介護関係者が集まって「御坊市在宅医療推進協議会」が発足し、第1回会議が開かれた。団塊の世代が75歳以上になる2025年に向け、医療と介護がスムーズに連携することで御坊市版の地域包括ケアシステムを構築していくのが狙い。会議では、介護の人手不足や地域住民への情報不足など課題について活発に意見交換し、今後、解消へ向けて対策を検討していく。
メンバーは日高医師会、日高歯科医師会、日高薬剤師会、訪問看護ステーション、介護支援事業所、市内3病院の12人で、御坊市地域包括支援センターなどの職員5人も加わり、官民一体で在宅医療と介護連携推進事業を進めていく。会長には中島彰一さん(日高医師会)、副会長に木下誠弘さん(日高博愛園指定居宅介護支援事業所)を選出した。
 会議では事務局の市が、介護保険法の改正に伴い、在宅医療・介護連携事業が各市町村で実施していくことが明文化され、地域に応じた地域包括ケアシステムの構築が必要とされていることを報告した。意見交換では現状の課題や問題を洗い出そうと活発に話し合い、「介護サービス従事者が不足している。人材確保が大きな課題」「家族の介護が必要になってから情報収集を始める人が多い。もっと早い段階から在宅介護や看取りに対する考え方、知識について研修等で伝えていく必要がある」「全国の先進地域を見聞し、特色を生かした地域ケアシステムを構築していこう」など人材や情報不足の解消を求める声がたくさん出た。今後は課題の解消へ向け、介護職の企業説明会や市民向けの研修会などを具体化していくため、定期的に会議を開いていくことを決めた。事務局の市健康福祉課の田中孝典課長は「介護が必要になっても住み慣れた地域で安心して生活できるシステムを、官民一体でつくっていきたい」と力を込めた。会長、副会長以外の協議会のメンバーは次の皆さん。
 西本研志(日高医師会)、藤田知則(日高歯科医師会)、北野雅代(日高薬剤師会)、青貝仁美(訪問看護ステーション中紀)、黒谷有里(訪問看護ステーションキタデ)、森田江津子(ケアプランセンター陽)、木ノ下雄太(在宅介護支援センターニチイ)、楠本祐史(日高病院地域医療連携室)、坂本みさえ(北出病院地域連携室)、國見浩一(北裏病院地域医療連携室)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る