ことしの花粉飛散状況

 ことしも花粉が本格化してきた。花粉症の筆者もさっそく目のかゆみや鼻のむずむず感が出てきたので、毎年使っている点鼻薬と目薬を購入。合わせて3000円くらいするので結構な出費になる。
 
ことしの飛散状況はどうだろうか。環境省が発表した平成28年春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測(第2報)によると、東北、関東、北陸、甲信、近畿では「前年並み」又は「やや少ない」となる地域が多く、中国、四国、九州地方は大半の地域で「かなり多い」と予測。近畿地方は例年との比較でも「やや少ない」とのこと。
 花粉の状況は前年夏の気象条件に影響を受け、日照時間が多く、気温が高い夏は、翌年春の花粉飛散量が多くなる。平成27年7月は東日本と北日本でスギやヒノキの雄花形成が多くなる気象条件になり、西日本では逆に雄花形成が少ない気象条件に。8月中旬~下旬には全国的に天候不順となり、東日本も前シーズンよりスギ雄花の形成が不良の地域が多くなったという。都市別にみると和歌山市は前年より少ないものの、例年よりは多い。ピークは3月上旬でまさにいまの時期。飛散は4月上旬まで続くとのことだ。
 ことしの対策について調べてみたが、特に目新しいものはなく、マスクの着用など。個人的にはヨーグルトが多少の効果があり、あとは睡眠が症状悪化を防いでくれるので、早めの就寝を心がけ、さらに薬も飲んでいる。薬で症状が治まったとしても、のどが渇いたり眠気がでたりと、普段と比べればかなり不調だ。花粉症は仕事や勉強など日常生活にも支障を来す。治療薬をはじめさまざまなグッズが登場するのはいいが、そろそろ抜本的対策に本腰を入れてほしいところだ。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ大っきい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る