花柳流いさまろ会 籔内さんら舞う

 日本舞踊の花柳流の師範、花柳勲麿(いさまろ)氏と門下の師範らが集う4年に一度の公演「いさまろ会」が6日、大阪の国立文楽劇場で開かれ、日高地方から美浜町浜ノ瀬の花柳枝芽(しが)こと、籔内美和子さんら3人が出演。籔内さんは自身の弟子の山本梓月(しづき)さん(11)=上南部小5年=ら4人の子どもたちとともに、坪内逍遥作詞の常磐津『お夏狂乱』を演じた。
 日高地方からの出演は籔内さんのほか、美浜町和田の花柳妃鶴(ひづる)こと、平田千鶴さん、日高町小中の花柳汐香音(しおかね)こと、岡本洋子さん。3人は日高地方の花柳流門下生でつくる宝扇会の仲間。8年ぶりの出演となった籔内さんは山本梓月さん、平田さんの弟子の澤越歩恋(ふう)さん(9)=和田小3年=、澤越結愛(ゆら)さん(6)=ひまわりこども園=、自身の弟子の孫の赤田莉穂さん(6)=田辺市の昭和幼稚園=とともに、恋人清十郎の死に気がふれ、里の子どもたちにからかわれながら、かかしの菅笠と衣装に清十郎を重ねて亡き恋人の幻を見る…という哀愁に満ちた役柄を演じた。
 籔内さんは終演後、「子どもたちとは去年の11月から毎週1回、一緒に練習し、みんなこの日のために頑張った成果をしっかり出してくれました」と笑顔。平田さんは面をかぶって江戸っ子の船頭をコミカルに舞う常磐津『佃船頭』、岡本さんは江戸城の奥座敷で姫が殿の前で末長い繁栄を祈って踊る常磐津『東都獅子』を踊った。

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る