過去の地震を教訓に

 いまから260年前の1755年11月1日、西ヨーロッパで巨大地震が起こり、ポルトガルリスボンを中心に甚大な被害を出した。リスボン地震といわれ、死者は5万5000人から6万2000人に上ったという。津波による死者も1万人といわれている。15世紀に幕を開けた大航海時代、世界をスペインとポルトガルが半分ずつするといわれるほどの国力を誇った当時の大国も、この地震がきっかけで勢いが衰えた。ヨーロッパの勢力図が変わり、替わって台頭したフランスではフランス革命へとつながっていったともいわれる。地震は国家そのものをも破壊する恐ろしさを持つ。そのポルトガルではいま、巨大地震が起こった場合に備え、対策が検討されている。
 先日、県民文化会館で県主催の世界津波の日制定記念イベントが開かれ、地震研究の第一人者、河田惠昭氏が講演でリスボン地震について話され、こんな地震があったことを初めて知った。死者22万人という過去最も多くの犠牲者を出したインドネシア、たびたび津波に襲われている南米チリ、中国など内陸でも大きな揺れに襲われた歴史があり、地震津波対策は世界共通の課題といえる。
 東日本大震災から間もなく丸5年を迎える。被災地ではまだ道半ばながら一歩ずつ復興は進んでいる。しかしながら海岸部では人口流出が深刻で、土地のかさ上げは進んでも人が思うように戻ってこないという新たな課題に直面している。近い将来、南海地震が必ず起こる当地方もこのような問題に直面するときが来るだろう。人がなければ行政も成り立たない。いつか来るその日のため、仮設住宅の建設場所確保などいまできることをする。それも過去の地震の教訓だろう。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る