印南で突風、ダウンバーストか

 急速に発達した低気圧の影響で、太平洋側を中心に強風や大雨に見舞われた20日昼、印南町で突風による被害が発生。農業用ビニールハウス22棟が壊れたほか、住宅5軒の屋根瓦が飛ばされ、1軒の窓ガラスが割れた。21日、和歌山地方気象台は現地調査を行い、積乱雲などから強い下降気流が吹きつける「ダウンバースト」が起きた可能性が高いと発表した。
 町総務課などによると、20日午後3時30分ごろ、突風による被害情報が寄せられ、警戒していた職員が状況を調査。22日午前10時半までにビニールハウスの一部損壊等が切目と切目川筋で20棟、印南で2棟あり、住宅の瓦が樮川で3軒、羽六と田ノ垣内で各1軒飛ばされた。ガラスが割れたのは羽六の1軒。このほか、田ノ垣内と上洞で倒木があり、上洞の千両小屋で屋根が変形するなどの被害が確認されている。けが人は出ていない。
 これを受け、和歌山地方気象台は21日、職員を気象庁機動調査班として派遣。現地調査を実施し、その日のうちに突風をもたらした現象はダウンバーストの可能性が高いと判断したとの速報を発表した。突風の強さを6段階で表す尺度の「藤田スケール」では、最も弱い「F0」(風速毎秒17~32㍍)と推定されるという。
 22日、被害現場の住宅では屋根へシートを設置。すでに住民が応急処置を済ませ、一方のビニールハウスでは折れ曲がったハウスの上に登り、撤去などの作業に追われる人の姿が見られた。町では引き続き被害状況の把握に務めている。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る