場外よりプレーで魅了

 プロ野球は、いよいよオープン戦がスタート。昨秋から賭博や薬物問題で暗い話題が目立ったが、ファンにとっては待ちに待ったシーズンの幕開けだ。
 近年、「実力のパ、人気もパ」のような感じを強く受けるが、今シーズンはセ・リーグが面白そうだ。読売ジャイアンツで高橋由伸氏、阪神タイガースで金本知憲氏、横浜DeNAベイスターズでアレックス・ラミレス氏と、3球団が新監督。中日ドラゴンズの谷繁元信監督、東京ヤクルトスワローズの真中満監督、広島東洋カープの緒方孝市監督を含めて6球団すべてで40代の監督となり、どんな采配を見せてくれるのか注目している。
 新監督の3氏は現役時代から人気者だっただけに、ファンの注目度も高い。積極的な打撃が売りだった高橋監督は投手の継投でも思い切った采配をふるうのか。「アニキ」の愛称で親しまれた金本監督は選手時代同様に圧倒的なリーダーシップで選手を引っ張っていけるのか。ラミレス監督は低迷が続く球団を持ち前の明るさでリードし、優勝争いに加われるのか。ベンチワークにも見どころは多い。
 千代の富士や若貴兄弟らの大活躍で人気絶頂だった大相撲は、日本人力士の低迷、さらに追い打ちをかけるように八百長問題が明るみになってブームが去り、厳しい時代に突入。ことし初場所で、大関・琴奨菊が日本出身力士として10年ぶりの優勝を飾ると一気に話題を集め、人気回復の気配をうかがわせた。
 大相撲なら土俵で、プロ野球ならグラウンドで。やはりスポーツは場外よりプレーで周囲を魅了するもの。フレッシュな監督がそろうプロ野球では、連続した不祥事を吹き飛ばす明るいニュースを期待している。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る