事故の恐怖を再認識

 先日、高速道路、阪和自動車道(大阪府・松原IC―田辺市・南紀田辺IC)の関係機関でつくる阪和道路消防協議会が、印南町の同下り線、印南SAに隣接する管理ヤードで防災訓練を行い、取材した。日高広域と御坊市の両消防本部を含む消防、警察、高速道路管理運営会社合わせて10機関から21隊73人が参加。各隊が救出、救護、消火を繰り広げる大規模な訓練だった。
 同SA付近での大型バスと乗用車との正面衝突をきっかけに、上下線の後続車両を含めて全5台がからむ多重衝突事故が発生し、多数の負傷者とともに乗用車から火が出たとの想定。日高地方の高速道路で、このように大きな事故が起きた記憶はないが、片側1車線の対面通行区間という環境の下、そんな事故がいつ起きてもおかしくない危険性がある。
 訓練では、通報を受けた日高広域が出動。県警や高速道路事務所の各隊に続き、要請を受けた御坊をはじめ、次々と応援の部隊が駆けつけた。現場ではけが人の救出・搬送作業、車両火災に対して放水が行われた。多くの人が見守るなか、本番さながらの活動展開。連携や協力体制の確認、強化が図られ、あまりの迫力、緊迫感に、万が一のときを思い浮かべざるを得なかった。
 乗員乗客15人が亡くなった長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故から15日で1カ月がたった。当日のテレビには、遺族らが現場に設けられた献花台に手を合わせ目を閉じるニュース映像。負傷者を含めて関係者の心の傷は深く、言うまでもなく絶対に二度と起こしてはならない。消防隊員らの頼もしさとともに事故の恐怖を感じさせられた訓練。気を引き締め直してハンドルを握りたい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る