JVA2016 及川氏がグランプリ

 地域の活性化に貢献する事業に取り組むベンチャー企業経営者をたたえる表彰制度「Japan Venture Awards (JVA)2016」で、全国ネットの農産物委託販売事業などを展開する㈱農業総合研究所(本社・和歌山市黒田)の及川智正代表取締役CEO(41)=美浜町和田=が最高位の経済産業大臣賞を受賞した。全国の農家とスーパーをつなぐ新しい農産物流通システムを提供し、農業をより付加価値の高いビジネスとして発展させたことが高く評価された。
 JVAは、革新的かつ潜在成長力の高い事業や地域の活性化に資する事業を手がける志の高いベンチャー企業の経営者を対象とし、独立行政法人中小企業基盤整備機構の主催で平成12年から開催されている。ことしは138人の起業家の中から14人が最終ノミネートに選出され、農業総合研究所の及川氏は、世界最速の窯焼きピッツァシステムを開発した㈱遠藤商事・Holdingsの遠藤優介代表取締役、「将棋ウォーズ」など人工知能を活用したモバイルアプリの研究・開発等を行うHEROZ㈱の林隆弘代表取締役CEOらを抑え、見事、グランプリの経済産業大臣賞に輝いた。
 及川氏は東京出身で、東京農業大学農学部農業経済学科卒。学生時代から日本の農業に強い危機を感じ、6年間勤めた会社を退職後、美浜町の妻の実家で3年半、農業に従事し、大阪で1年間、八百屋を経営したあと、平成19年10月、自己資金50万円で㈱農業総合研究所を設立した。現在は「持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにする」というビジョンの下、全国の農家(5200人)とスーパーマーケット(550店)をダイレクトにつなぐ新しい物流・情報プラットフォームを構築し、農家が価格を決定、販売先を選択、自由に生産しながら高収入を得られる「農家の直売所」を展開。今回のJVAでは、「儲からない」といわれてきた農業を、魅力あるビジネスに発展させた点が高く評価された。
 27日には東京で和歌山県主催の創業キックオフセミナー「わかやまDEベンチャー」があり、及川氏が基調講演とパネルディスカッションに登壇する。 

関連記事

フォトニュース

  1. スクラムが大事

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る