阪和道消防協議会が訓練

 高速道路、阪和自動車道(大阪府・松原IC―田辺市・南紀田辺IC)の関係機関でつくる阪和道路消防協議会は16日、印南町の同下り線、印南SAに隣接する管理ヤードで防災訓練を行い、各隊が多重衝突事故に対して救出、救護、消火を迅速に展開。本番さながらの活動で、万一の事態に備えて連携や協力体制の強化を図った。
 日高広域と御坊市の両消防本部を含む消防、警察、高速道路管理運営会社合わせて10機関から21隊73人が参加し、同SA付近で大型バスと乗用車との正面衝突をきっかけに、ダンプカー等の後続車両による多重衝突事故が発生、多数の負傷者とともに乗用車から火が出たと想定。日高広域を中心に実働訓練を行った。
 まずは通報を受けて日高広域が出動。県警や高速道路事務所の各隊に続き、応援要請を受けた御坊、田辺の各レスキュー隊が到着した。現地指揮本部や応急救護所を設置しながら、現場では資機材を使い、乗用車の障害物を取り除いたり、ドアをこじ開け、ドライバーらを救出するとともに、同時にバスから乗客らを救出。湯浅広川と有田川の救急隊を加え、次々と負傷者を搬送していった。
 車両火災に対しては駆けつけた和歌山、海南、那賀の消防隊が放水。ほかの消防本部や地元行政の関係者、SA利用者らが見守るなか、キビキビとした連係プレーを見せた。消火活動時の大型散水車活用について研修も実施。日高広域の山西良一消防長は「高速での対面通行は大きな事故につながる危険性が高く、多くの負傷者が出たりするので、応援なくして対応は困難。事故がいつ起こるかわからないなか、実践に即応し、連携を深められる有意義な訓練。万が一の際に備え、生かしたい」と見つめていた。

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る