松の赤ちゃん 大っきくなってね

 美浜町煙樹ケ浜保安林保護育成会(桑山行男会長)と町は14日、恒例の「松の日」イベントを行い、町民ら約140人が植樹作業に取り組んだ。
 平成12年度から2月の第2日曜日を「松の日」と定め、「町の財産である煙樹ケ浜松林での作業を通じ、松林の保全や保護育成活動を活発化し、一般の方々にも松林に親しんでもらおう」と毎年さまざまな活動を展開している。ことしは煙樹海岸多目的広場に集合、開会式のあと、同広場周辺の松林内で50㌢程度の大きさのクロマツの苗約270本を植えた。
 雨上がりの中、幼児からお年寄りまでが集まり、開会式では桑山会長が「美しい松林を一層美しく保つため、ご協力よろしくお願いします」とあいさつ。植樹では所定の位置にスコップで穴を掘り、苗を植えて土をかぶせるなどの作業を親子で協力しながら進める姿も見られた。
 植樹は5年ぶり。ひまわりこども園に通う山下結萌ちゃん(6)は「松の赤ちゃんが大きくなるのが楽しみ。また自分で植えた松を見にきたい」と話し、保護者や友達と一緒に一生懸命作業していた。
 参加者には植樹終了後、煙樹ケ浜松葉堆肥ブランド研究会提供の松キュウリ、松トマト、松イチゴがプレゼントされ、好評となっていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る