「言霊の幸はふ国」の少年少女

 御坊ライオンズクラブ主催の「日高地方子ども暗唱大会」を取材した。今回で5年目。詩や物語が好きなので、最初から最後まで全部鑑賞することにしている
個人的にも収穫の多い取材である。昔読んだ「二十四の瞳」も、あらためて作品の持つ強い力を認識させてもらった。「地引き網」は、西條八十にこんな素朴で力強い詩があったことを知らなかったので勉強になった。「鎌倉の祈り~『方丈記』の不思議より~」は、生徒らが南方熊楠記念館を訪ねたことから生まれた作品。防災への視点を「方丈記」とからめたオリジナルの構成が印象的だった。同じ学校のもう一つの出場作品は、熊野古道を軸に独自の構成で和歌山県を語った意欲作だったが、惜しむらくは、発表する生徒たちのパワーがみなぎる余り肝心の言葉が聞き取れないところがあった。内容がもっと聴く人に伝われば、高く評価されたのではと思う
「言霊(ことだま)」という表現はよく聞かれる。原典は万葉歌人山上憶良が遣唐使となった知人に宛てた手紙の一節、「大和の国は言霊の幸はふ国」。言葉の持つ不思議な力でよい方向に導かれていく国、ということだろうか
言葉は幾重にも意味を持ち、いろんな側面がある。よい影響を及ぼすように念じて言葉を使うことで、本当によいめぐり合わせを呼びこんでいくことが可能かもしれない。ことしは申年だが、「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿には「子ども達には悪いことを見せない、悪いことを聞かせない、悪いことを言わせない」という意味があるという。よいものに数多く接することは、子ども達の心の栄養になる
多くの先人が残してくれたよき「言霊」に触れることが、少年達少女達それぞれのよき未来を開く力となればいいと思う。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る