人と世界を滅ぼす麻薬と核

 名画『ゴッドファーザー』でヴィトー・コルレオーネの側近、テッシオを演じた俳優エイブ・ヴィゴダが亡くなった。不意に路上で怪しげな男たちに囲まれ、粛清されることを悟った瞬間、仲間のトムに「見逃してくれないか」と悲しい目で訴え、首を横に振られるシーンがせつない。
 裏社会のマフィアはどこの国にもあり、アメリカでは60年代から麻薬が大きな資金源となった。映画のコルレオーネファミリーも新たなビジネスとして麻薬を持ちかけられ、ヴィトーが「危険な麻薬だけはやらない」と断ったために命を狙われる。テッシオの裏切りも含め、この麻薬がNYの抗争を引き起こす。
 国家レベルでみれば、麻薬以上に強烈な「力」となるのが核兵器。またまた北朝鮮が核実験、ミサイル発射を強行し、アメリカに対等のつき合いを迫って脅しをかけている。アメリカを世界のゴッドファーザー、コルレオーネとすれば、北朝鮮は暴走族上がりのチンピラにすぎない。が、危険な麻薬(核)を持っているだけに無視もできない。出方を間違えば抗争(戦争)の火種ともなるだけに頭が痛い。
 日本では歌手の飛鳥涼に続いて、元プロ野球選手の清原が逮捕された。当然、警察は特捜班が24時間の監視を続け、メンツにかけて大量の証拠を押さえており、清原容疑者の有罪は間違いない。天才がなぜ転落したか。孤独? 人間としての弱さ? 世間の人はみんな、とくに才能もなく、孤独を抱えながらも、日々、笑顔で頑張っている。
 そんなことより、だれもが身近に存在し、手を出せば幻覚、幻聴に襲われ、通り魔に豹変する麻薬の恐ろしさを、現場の刑事なり元乱用者が学校を回り、ストレートに地獄を語って聞かせる取り組みが必要ではないか。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る