印南町の石川選手 東レ入団

 高校女子バレーの強豪・和歌山信愛でエーススパイカーとして活躍した石川真奈選手(3年)=印南町山口=が、社会人バレーV・プレミアリーグ(1部)の東レアローズに入団することが決まった。木村沙織や迫田さおりら日本代表選手を輩出する名門で、今シーズンもレギュラーラウンドを1位通過している日本トップチーム。石川選手は「まずはレギュラー目指して頑張る」と新天地での活躍を誓った。
 2000年7月に活動を停止した名門ユニチカフェニックス女子バレーボール部を引き継ぎ、同年9月から東レアローズとしてスタート。日本最高峰のプレミアリーグでは4度の優勝を誇る強豪クラブ。天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権、国体もそれぞれ2度優勝している。今シーズンは8チームが3回総当たりで争うレギュラーラウンドを1位通過し、今月7日に開幕した上位6チームが総当たりを行う「ファイナル6」に参戦している。日高地方出身選手では、御坊市名田町の芝田安希さんがユニチカ時代の1999年から2010年まで所属していた。
 石川選手は小学2年から印南はまゆうでバレーを始め、印南中を経て和歌山信愛に進学。2年生からチームの中心選手として活躍した。179㌢の長身とジャンプ力を生かし、最高到達点は3㍍に達する打点の高いスパイクが持ち味。高い潜在能力は社会人クラブからも注目され、昨年春先には東レアローズからオファーがあった。インターハイや国体、高校最後の春高バレーでは右手のケガの影響で思うようなプレーができず、東レ入団も悩んだが、チームからの熱心な勧めと、「世界をリードする東レアローズ」のスローガンに共感し決断した。3月1日に信愛の卒業式を終えたあとに本拠地である滋賀県大津市の寮に入ることにしている。
 高校3年間を振り返り、「しんどいこともありましたが、新しい仲間に出会えて、成長できた3年間でした」と充実の高校生活だったと強調。3年生になってからケガに泣かされた経験も「悔しい思いは社会人でぶつけたい」と前向き。東レには憧れの迫田選手ら日本トップレベルの選手が所属しており「バレーだけでなく私生活なども勉強して吸収したい」と期待に胸をふくらませ、「すごい選手ばかりで簡単にコートに立てるわけではないと思いますが、レギュラーになれるように頑張る。将来は東レには石川がいないとダメだといわれるような存在になりたい。その延長線に日本代表や東京オリンピックがあると思うので、強い気持ちを持って練習したい」と闘志を燃やしている。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る