県高校書写会 紀央館・日高の4人特別賞

 第67回県高校書初会審査が行われ、紀央館高校から矢口拓哉君(1年)、樫木香乃さん(2年)、岩﨑京香さん(3年)の3人、日高高校から稲葉有咲さん(1年)の作品が特別賞に選ばれた。
 出品総数は支援学校も含め3542点。特別賞は、各学年の特選(10%)のうち上位5%に与えられる賞。1年生は特別賞11点(特選218点)、2年生は特別賞5点(特選72点)、3年生は特別賞2点(特選30点)だった。紀央館高校の矢口君は「論語」にある孔子の言葉「温良恭倹譲」の5文字を書いた。「一字一字の大きさが違うので、うまくまとめるのが難しかったです」と話している。樫木さんは「臨書王鐸」。「行と行の配置を考え、バランスよく書くのに苦労しました」と話している。岩﨑さんは「臨王鐸」。35×35㌢の用紙に書いた。「紙が小さいので、筆の扱いがいつもと違って苦心しました」と話し、3人とも「特別賞をもらえてうれしいです」と喜んでいる。日高高校の稲葉さんは「蘭亭序」から「暢叙幽情(ちょうじょゆうじょう)」の4文字を書いた。心の奥を思うままに述べるという意味。「一画一画の線の太さがそれぞれ違うので苦心しましたが、思い通りに仕上げられたと思います」と笑顔で話している。両校の特選は次の皆さん。
 紀央館=橋爪初記、生駒佳永、上田夕加、小松涼、田口紗伎、藤川未帆、原彩花、木村星来(以上1年)、岡﨑史華、岡田智尋、岡本希良梨、田口奈央、山本千夏、山本真穂、玉置こころ、西山真以、上平桃子、南あれん、湊未来、森萌音(以上2年)、川端風夏、西田亜姫、上野水晶、雑賀愛唯、新田萌華、児玉桃香(以上3年)▽日高=柏木柚香、川口えりか、鈴木香那、井邊晶也、玉置実央、田村文乃、山本華、脇田実奈、森裕紀、伊藤紗知、武内萌々香(以上1年)、濱田吉乃、桑原望実、﨑山蘭(以上2年)

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る