鍋グランプリの誘致を

 前回の小欄に引き続き、日高町九絵の町づくり推進実行委員会(山田理司委員長)の天然クエ鍋が、初参戦で3位の快挙を成し遂げたニッポン全国鍋グランプリ(先月30・31日、埼玉県和光市)の話。既報の通り2日間で延べ14万人が来場したマンモスイベントで、経済効果は相当なものだろう。
 例えば、参戦した59チームの鍋の売り上げをみると、来場者がそれぞれ平均的に1杯500円の鍋を3種類食べたとして、2億1000万円。ほかに数字的なことは試算されていないが、来場者や関係者が使う電車、タクシー代のほか、参戦した各チームのメンバーも金を落とす。宿泊にしても、県外からの参加チームは準備や後片付けなども考えて3泊4日の日程を組むなどで、会場周辺の宿泊施設はどこも満杯。しかも、連泊している間、食事や土産物を買ったりして出費するわけで、全ての経済効果を合計すれば何億にもなってくる。つまり、和光市にとっては大きな〝外貨〟を獲得する機会にもなっている。
 日高町の関係者の間でも話が出ているが、このマンモスイベントを地元に誘致できないだろうか。鍋グランプリの実行委員会では今後、関西方面での開催も視野に入れているらしい。できれば日高町で会場を提供するのがいいが、広さ的には御坊市の日高港ぐらいが必要だろう。また、このイベントを誘致できなくても、関西版の鍋グランプリを開催するのも手かもしれない。御坊・日高でもさまざまなおいしい鍋があり、プロアマ問わず多くのチームが参戦して盛り上げてもらえるはず。クエ鍋を先頭に、広域的な地域活性化につながることを期待している。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いします

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る