清原容疑者は〝終われない〟

 球界のスターだった清原和博容疑者が覚醒剤所持の疑いで逮捕された。西武ライオンズ、巨人軍、オリックスで活躍した大物選手だっただけに、テレビなどでは連日にわたって報道されている。ファンらの嘆きの声もあり、特に清原容疑者を目標に頑張っていた野球少年たちには大きなショックだっただろう。
 筆者は清原容疑者と同い年でちょっと親近感があり、その活躍ぶりには注目していた。高校時代に名門のPL学園で1年生から4番打者。同じく1年生からPL学園のエースだった元巨人軍の桑田真澄さんと「K・Kコンビ」として世間の注目を集めた。高校時代、甲子園での本塁打13本は最多記録。
 しかし、人生いいことばかりでない。巨人引退後は覚醒剤疑惑が週刊誌で持ち上がり、妻の亜希夫人とも離婚。2人の子どもたちとも離れ離れになった。しかし子どもを思う気持ちは強く、逮捕の約3週間前の自身のブログには「今日約3週間ぶりに息子達とご飯を食べた 嬉しかった 本当に会いたかった 息子達の笑顔や笑い声、生きていて良かった  これからも息子達の成長を生き甲斐に生き抜こう」と書かれていたという。
 マスコミ報道などでは「清原はもう終わった」という言葉も出てくる。確かに今はどん底にあるかもしれない。しかし、まだ人生の途中。世間の多くのファン、愛する子どもたちに立派に更生した姿を見せてこそ本当の意味で罪をつぐなったと言える。それを成し遂げるまでは終われない。甲子園のヒーローだった頃のような明るく凛々しい姿をもう一度見せてもらいたい。1人のファンとしても願う。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る