江戸期の分権社会に回帰

 地方の人口減少が止まらない。和歌山県は平成23年2月1日の調査で100万人の大台を割り込み、今年1月1日現在は96万10人。県、市町村とも対策を打ちながら、津波警戒で沿岸部から内陸への移動はあっても、全体としてはなすすべがない状況が続いている。
 国による地方創生に期待がかかる政府機関の地方移転。ひと、もの、しごとを地方に分散させ、東京にひしめく企業を全国に移転させるため、省庁や独立行政法人等を引っ越しさせようという話だが、なかなか思い通りに進まない。昨年、国が誘致を希望する自治体を募ったところ、42の道府県が計69機関の移転先として受け入れに手を挙げた。
 和歌山県は総務省の統計局と独立行政法人の統計センターの移転を要望。競合する自治体はなく、いずれも和歌山市を候補地としているが、先の両者の意見交換でも統計局側に前向きな意見はみられず、文化庁を希望する京都を除いてはおしなべて、「笛吹けども踊らず」といった状況のようだ。
 江戸時代の関東はいまとは違って商品の生産力が弱く、庶民の生活品は瀬戸内や上方から運搬された。海運が発達していないころは、東海道を人馬で運ばれる上方の商品が「下りもの」と呼ばれて高値がつき、逆に関東の地の品物は「くだらない」とバカにされ、それが江戸っ子の「くだらねぇ」の語源となったという。
 政府機関の地方移転も含め、県や市町村が策定する地方創生総合戦略は、各藩が独自の文化、教育を持って栄えた江戸時代の分権社会への回帰ともいえる。地方創生をくだらない絵空事に終わらせないよう、選挙で選ばれし市長、町長、議会員は発想と発信力、有権者にはその力を見抜く目が求められている。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る