印南町長選 予想の2氏が立候補

 任期満了に伴う印南町長選は2日告示され、2選を目指す現職の日裏勝己氏(65)=皆瀬川=と元町職員で新人の湯川和幸氏(58)=印南原=がともに無所属で立候補した。大きな争点がないなか、現町政の評価を問う選挙として現新の一騎打ちがスタート。7日の投開票日に向け、それぞれ出陣式で力強く第一声を放ち、まちには〝お願いコール〟がこだました。(記事は届け出順)
20160203(日裏さん).JPG
日裏 勝己氏(65)=無現①
 日裏陣営は印南地内の選挙事務所で出陣式を行い、支持者ら約500人(主催者発表)が集まった。中村泰介選挙事務長は相手陣営からささやかれているとする庁舎移転や政策についての批判を真っ向から否定のうえ、「町長は実直であり、目立ったパフォーマンスができない。この4年間、地道に努力してきた結果、県へ行っても国へ行っても顔を覚えていただいて太いパイプもできた。やっと仕事ができる環境が整ってきた」とアピール。「皆様方のお力で押し上げていただいて、いい成績で当選させていただきたい」と2選へ支持拡大を呼びかけた。マイクを握った日裏候補は「この4年間は防災対策に力を入れた。今後は、地方創生が叫ばれる中、住みたい、住み続けたいという多くの思いを、印南町がきっちりと支えていく。住む場所も必要、子育てをしやすい環境も整えなければならない。当然、福祉もそう。何よりも産業を確立していかなければならない。農業、漁業、林業、それもしっかりと支えていきたい」と力強く訴え、「10年先、20年先によくやったといわれる行政をやっていきたい」と力を込めた。最後はガンバローコールで気勢を上げた。
20160203(湯川さん).JPG
湯川 和幸氏(58)=無新
 湯川陣営は、印南地内の選挙事務所で出陣式を行い、支持者ら約300人(主催者発表)が集結。はじめに裏野尚男後援会長が「対話の行政による民意の反映、信頼の回復、新しいリーダーの誕生へ票を積み重ねていく必要がある。出遅れを取り戻すべく、攻撃の手を緩めず、ご支援お願いします」と支持拡大を呼びかけた。マイクを握った湯川候補は「出馬表明時のゼロから選挙を戦えるまで支援くださり、感謝しています」と述べたうえで「私は対話によって行政と住民の信頼関係を確実なものにしていく」とマニフェストの1つ「信頼の行政」について熱弁。続けて「健康づくり」「経済」「防災」「子育て・教育」「人口対策」の5つの公約を訴え、「前哨戦を通じて景気の悪さを肌で感じた」と「町長報酬10%カット」を7つ目に追加。「アベノミクスが届かないなか地方創生には自ら考え、自ら行うまちづくりをしていかなければならない。それは対話から生まれるもの。素晴らしい印南町をつくっていくため私に実行させてください。精いっぱい頑張ります。どうか最後まで支援を賜りたい」と力を込め、「ガンバロー」の三唱で拳を突き上げた。

関連記事

フォトニュース

  1. ボクはどれにしようかな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る