若手デザイナーに注目

 日高郡6町が昨秋から共同で推進している「創業支援事業計画」に基づく特定創業支援事業の認定を受け、美浜町内にデザイン事務所が開業した。代表は31歳の若手デザイナー。デザインを専門的に行う事業所は日高地方では珍しいといい、今後の活躍に注目が集まる。
 これまでデザイナーという職種の方に詳しく取材させてもらう機会はあまりなかったので、いろいろと話をうかがった。デザイナーといえば、「見た目」の部分を考案するだけの仕事と思っていたが、玩具メーカーで三輪車のデザインを担当してきた前出のデザイナーに聞くと、パッケージのデザイン、設計、製品の品質管理なども手がけるという。定められた基準に適合させ、安全性についても責任を持つ。想像以上に幅の広い職業のようだ。
 美浜町のデザイナー。Uターンを決めたとき、周囲の人から「田舎で需要があるの?」と心配もされたそうだが、「仕事がないなら自分でつくろう」と実家に帰っての独立、開業を決心した。会社勤務時代は玩具のデザインが主だったが、事務所では印刷物、家具、日用品、玩具、ロゴ、キャラクター、生地など、ありとあらゆるデザインを請け負うと意欲的。特に資格が要らない職業、「どんな仕事をしてきたか」の実績が重視される世界で、東京五輪のエンブレム公募にも挑戦し、「一つずつ仕事をこなし、実績を積み重ねていきたい」と目を輝かせていた。
 「これからは地域活性化にも貢献できれば」と話す。美浜町には松キュウリやトマト、シラスなどの特産物があり、一次産業振興への協力も誓う。町おこしには「若者」「よそ者」の力が必要といわれており、若手デザイナーの柔軟、斬新な発想に期待したい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 密漁も不法投棄もせんといてな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  2. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  3. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  4. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  5. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る