若手デザイナーに注目

 日高郡6町が昨秋から共同で推進している「創業支援事業計画」に基づく特定創業支援事業の認定を受け、美浜町内にデザイン事務所が開業した。代表は31歳の若手デザイナー。デザインを専門的に行う事業所は日高地方では珍しいといい、今後の活躍に注目が集まる。
 これまでデザイナーという職種の方に詳しく取材させてもらう機会はあまりなかったので、いろいろと話をうかがった。デザイナーといえば、「見た目」の部分を考案するだけの仕事と思っていたが、玩具メーカーで三輪車のデザインを担当してきた前出のデザイナーに聞くと、パッケージのデザイン、設計、製品の品質管理なども手がけるという。定められた基準に適合させ、安全性についても責任を持つ。想像以上に幅の広い職業のようだ。
 美浜町のデザイナー。Uターンを決めたとき、周囲の人から「田舎で需要があるの?」と心配もされたそうだが、「仕事がないなら自分でつくろう」と実家に帰っての独立、開業を決心した。会社勤務時代は玩具のデザインが主だったが、事務所では印刷物、家具、日用品、玩具、ロゴ、キャラクター、生地など、ありとあらゆるデザインを請け負うと意欲的。特に資格が要らない職業、「どんな仕事をしてきたか」の実績が重視される世界で、東京五輪のエンブレム公募にも挑戦し、「一つずつ仕事をこなし、実績を積み重ねていきたい」と目を輝かせていた。
 「これからは地域活性化にも貢献できれば」と話す。美浜町には松キュウリやトマト、シラスなどの特産物があり、一次産業振興への協力も誓う。町おこしには「若者」「よそ者」の力が必要といわれており、若手デザイナーの柔軟、斬新な発想に期待したい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の環境を守ろう!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る