思いやりの心にライト

 テレビは基本、録画を使い、CMを飛ばすが、先日たまたま見た車のコマーシャルが気になった。「ハイビームアシスト」を採用した車の宣伝。調べてみると先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさをセンサーで認識し、スピードを含めた諸条件によってヘッドライトのハイビームとロービームを自動で切り替える。車にうとい筆者、「なんと便利な機能があるんだな」。
 以前、運転免許の更新時に習った正式名称はロービームが「すれ違い用前照灯」、ハイビームが「走行用前照灯」。使用方法としてロービームは前走車や対向車がある場合。ハイビームは名前にある通り、通常の走行を想定したライトになっている。要するにロービームは他のドライバーへの配慮。切り替えを面倒臭がらず、ハイビームで歩行者に心を配る必要がある。
 先日、御坊署管内の27年中交通事故統計が発表された。人身事故の件数は205件、傷者は262人、死亡事故は3件で、3人が犠牲になっている。概況によると、人身事故の発生場所は約3割が国道42号。時間帯は午前7時、午後0時、同4時からの各1時間に多く、このほか、歩行者が車にはねられるケースが前年比プラス47・1%と大幅に増加している。
 通勤で日高川町と御坊市、普段の仕事で日高町と印南町を往復するなか一般、高速とも道路でルール違反やマナーの悪い車を目にする。特によく見かけるのが一時不停止と歩行者らの横断妨害。自分自身、偉そうに胸を張れる安全な運転はできていないかもしれないが、言うまでもなくどちらも危険な行為。事故の防止へ思いやりと譲り合いの心にライトを当てハンドルを握ろう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. ながらはアカンよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る