ええ感じに仕上がりました

 紀央館高校(兒玉佳世子校長)工業技術科の3年生15人は、課題研究授業で鉄板溶接技術を使ったティラノサウルスの化石像を作製。昨年のトリケラトプスに続く第2弾で、近く校門付近に展示する。
 トリケラトプスに続いて恐竜を作製しようと、昨年6月から取りかかった。製図から始め、頭部や腹部など各パーツの形に鉄板を切断し、ガスや電気を使った溶接で組み合わせていった。重量調整が難しく、頭部が重すぎて首が安定しないなどの問題もあったが、芯となる鉄を入れることなどで調整。形が出来上がった後も、バランスを調整するために、何度もパーツを削るなどして整え、今月高さ2・65㍍、幅2・20㍍の大作が完成した。
 メンバーの今井雅基君は「頭のバランスが難しかったですが、いい感じに仕上がったと思います」、林茜里さんは「頑張ったかいがありました。学校に長く飾ってほしいです」とそれぞれ話し、担当教諭の富俊司さん、林優樹さんは「失敗を繰り返しながらも力を合わせて取り組んだことは貴重な経験になったと思います。また生徒の溶接技術アップにもつながりました」と評価している。15人は次の皆さん。
 今井雅基、林茜里、井谷颯汰、中村三郎、糸巻穂南、大谷虎雅、尾原尚弥、下村加津起、杉本雄哉、竹中諒、谷口琉生太、徳永尚明、中野駿太、松本悠哉、山本拓郎

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る