センバツ 日高川出身の西川君に吉報

 第88回センバツ高校野球大会(3月20日から12日間、阪神甲子園球場)の出場校を決める選考委員会が29日、大阪市の毎日新聞大阪本社であり、一般選考枠で日高地方出身の西川藍畝(らんせ)君(17)=2年、日高川町山野=が主力を務める京都府の古豪・龍谷大平安の4年連続40回目の出場が決まった。幼いころから憧れていた大舞台の切符を手にした西川君は帽子を放り投げるなどして喜びを爆発させたあと、「次は甲子園で全国制覇を目指したい」と本番へ闘志をみなぎらせた。
 出場校選考の重要な参考資料となる昨年の秋季近畿地区大会でベスト4入りの龍谷大平安には午後3時25分ごろ、吉報が届き、報告を受けた選手たちは体育館に移動。原田英彦監督を胴上げしたり帽子を放り投げたりし、喜びを爆発させた。
 西川君は178㌢・68㌔、右投げ右打ちの遊撃手、打順は3番。昨秋は府予選から近畿大会準決勝までの公式戦で31打数14安打9打点、4割5分1厘の好成績をマーク。強打が売りのチームをバットでけん引した。センバツ出場決定の知らせを受けると、「選考では下位の方で選ばれると思っていたので、近畿で3番目に選ばれたことは素直にうれしい。まず両親に精いっぱい、思い切ってやると伝えたい」と笑顔いっぱいに心境を語った。昨秋から「全国レベルの投手にも振り負けない強いスイングを手に入れたい」と取り組んでいる筋トレなどの成果については「バッティング練習でフェンス(100㍍)越えも本数が増えてきて、肩も強くなった」とパワーアップに手応え。本番まで2カ月を切る中、「体はいい状態、万全です」ときっぱり答え、夢の甲子園へ向けては「打撃は1本欲しい勝負の場面で打てるように。守備ではショートで投手をもり立てていきたい。関東のチームはレベルが高いと聞いていますが、さらに上を目指し、全国制覇を達成したい」と力強く語った。
 龍谷大平安は春夏通算の甲子園出場回数が全国最多の73回となる。今春のセンバツでは甲子園通算100勝(あと4勝)の記録も視野に入っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る