みなべ町で女性大会

 みなべ町東本庄のふれ愛センターで24日、第1回みなべ女性大会が開かれた。昨年度までの婦人会組織を「みなべ女性会」と改称、年も変わって新たな一歩を踏み出す決起集会として、畑﨑祐基子会長が▽ボランティア▽自己啓発▽親睦――の三つを柱として声高らかに決意を表明。式典後には白浜町堅田、聖福寺の関守研悟住職(43)がギターを手に弾き語りの音楽法話を行った。
 みなべ女性会は元は町婦人会組織で、昨年4月に名称を改め、年末までには国体開催に合わせた花植えや競技会場での接待、子どもたちとのふれあいなどボランティア活動を行った。今回の第1回大会には、小谷芳正町長と豊田泰猛教育長を来賓に迎え、町内の一般の女性を中心に約70人が参加した。
 女性会は「地域の活性化、美しいまちづくりのため、ともに声をかけ合い、絆を深め、女性が元気よく学びの輪を広げていく」という趣旨の下、ボランティア、自己啓発、親睦の三つを柱に活動を推進。畑﨑会長は親睦について「人との出会いは自分自身の財産となり、東日本大震災や阪神・淡路大震災では隣近所のつながりが多くの命を救った。みなべ町でも女性同士の絆があれば必ず地域がまとまり、どんなことが起こっても力になるはず」と述べ、新しい女性会の船出に際し、「なにごとも、産むより育てる方が難しいといわれるが、人の数が多ければ力になる。本部役員だけでなく、会員みんなでつくりあげていきたい」と決意を示し、一般来場者にも参加を呼びかけた。
 式典後には、ギターを手に弾き語りの音楽法話で知られる関守住職が講演した。関守住職は「テレビ、インターネット、スマホなど便利で快適な情報化社会のなかで、私たちはともすれば、外の世界を眺めるのに忙しく、自分自身の内側を見つめる時間が少なくなってしまいがち。ときには少し立ち止まることで、豊かでやさしい心になれる」と述べ、その1つの羅針盤として歌を披露。大正時代から日本人に愛されてきた『早春賦』『春の小川』などの童謡をやさしい声でうたいながら、自身の修業時代の苦労や体験談をまじえ、豊かな心で生きるためのヒントを説いた。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る