電力全面自由化に注目

 ことし4月から電力小売りの全面自由化が始まる。すでに工場やオフィスビル、中小ビルなど向けには自由化されているが、一般家庭でもこれまでの大手電力会社以外の新規参入企業からも電力を買えるようになる。最近、テレビの情報番組で特集されたり、新規参入がニュースになったりしているが、どういう変化があるのか調べてみた。
 まず電力には大きく分けて「発電」「送電」「小売」とあり、「発電」はすでに自由化、「送電」はまだ独占のままで、4月以降は「小売」の自由化の中に一般家庭が加わる。参入する小売業者の電力調達方法は、自前の発電所を使ったり、ソーラー発電の電力を買い取るほか、製鉄会社や製紙会社などが自家発電している電力の余剰分を買い取るなど、さまざまな方法で調達するとしている。電気の質や停電のリスクを考えてしまうが、和歌山で立ち上がった電力会社のサイトをみると、電気の質はこれまでと同じで、仮に電気の調達量が不足しても他の電力会社などから自動的に調達されるため、停電は起こらないとのこと。肝心の料金については自由競争になるため、安くなることが多い。またさまざまなプランも出てくる。自身のライフスタイルに合わせて電力をよく使う時間帯の料金が安く設定されているプランを選ぶことも可能になる。
 また自由化により自治体も参入しており、地域で発電し地域で消費する電気の「地産地消」をテーマに、雇用創出などを目指している。自由化はメリットだけでなく、国の規制がなくなることで値上がりの可能性を指摘する声もある。導入まで約2カ月。これからの企業や自治体の動きに注目したい。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る