情報の質を向上させるアナログ

 みなべ町の上南部中学校の生徒たちが、正月三が日に校区内のお年寄りに手づくりのジャンボ年賀状を届けた。その返事のはがきが続々と同校に寄せられた。
 11年前から続けている取り組み。年末に80歳以上の高齢者に手づくりの年賀状を作製し、新年のあいさつのほか、クラブ活動や受験勉強など学校の生活の近況も添えて送った。正月三が日の間に手渡しなどで届けたところ、約70通の返信があったという。お年寄りからは「勉強頑張って下さい」などと温かい励ましの言葉ばかり。生徒会長の栗原怜央君は「心を込めて届けた。送られてきたはがきには、励ましや応援の言葉がいっぱいでとてもうれしい」と話した。手づくりの年賀状の温かさが、地域のお年寄りと子どもたちの心をつなぐ媒体となっているのだろう。
 年賀はがきは日本独特の文化らしいが、最近では自筆の文面は少なくなった。ほとんどがプリントだ。しかし、字の上手下手に関わらず、自筆の方が温かみが感じられるのは確かだ。印刷でも一言のメッセージがあるだけで読み手にとってはうれしいもの。
 近年はデジタル化が進み、情報伝達ではメールやSNSが普及した。気軽に携帯電話などでやりとりできるようになった半面、相手の表情や声のトーンなどが分からずに情報は正確に伝わりにくいというデメリットもある。
 50歳近くなると、普段は会えない友人からの年賀状も増える。連絡はというと年に一度の年賀状だけ。そこに手書きで「元気でやってます」などと記載されていると、昔の思い出が頭に浮かんでくる。書かれている内容以上に相手に想像を膨らませ、情報の質を向上させるアナログもいい。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. これからも人権意識をもって成長を

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る