日高川町 古民家改修し草木染め工房

 日高川町の川原河で東京都出身の山口由宇香さん(39)が、築115年の古民家を改修して草木染め「negi工房」を開いている。日高川町が公開している空き家情報を基に見つけた古民家で、地域の交流の場などとしても定期的に開放。23日には大寒のビワの葉を使った草木染め体験会も開く。
山口さんは東京で既製品の染料を使って草木染めを行っていたが、平成23年3月11日の東日本大震災を機に、那智勝浦町に移住し、24年には田辺市の龍神村に移り、山で草木を集めて本格的な草木染めを始めた。昨年、新たな住居を探すことになり、草木染めができるよう井戸水などの環境が整っている場所を探しているうちに、日高川町の空き家がヒット。10月に移住し、少しずつ改修などを進め、工房をオープンさせた。
 草木染めはススキやヨモギなどを集め、数日間煮詰めて色を出し、衣服やハンカチを染めていく。煮詰める際の釜はまきを使用し、染色時には川や井戸の水を使用。山口さんの工房ではTシャツやハンカチ、ふんどしを染め、販売も行っている。
 古民家は築115年経過しているものの何度か手入れをしていたため状態は良く、さらに古民家の味を残しつつ改修。台所や納屋のほか畳部屋は交流スペースとして開放。年明けにはかるた大会なども開いている。
 山口さんは「川原河には山と川があり、とてもきれいです。周囲の方たちもとても気にかけて下さっています」と笑顔。「草木染めは四季折々の色を楽しむことができます。また古民家スペースは地元や県内外の多くの人の交流の場になれば」と話し、京都などでの商品販売の際にもPRしていく。
 体験会は午前10時から。1年のうちで最も生命力が旺盛と言われる大寒(1月21日)のビワの葉を使った草木染めを行う。料金はハンカチ2500円からで、ふんどしやTシャツも用意。食事や宿泊もでき、詳しくは山口さん℡080―2253―1702かフェイスブック「http://www.facebook.com/negi.factory」。

関連記事

フォトニュース

  1. 海の環境を守ろう!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る