日曜夜の新しい楽しみ

 和歌山県にもゆかりのある戦国武将、真田信繁(幸村)を主人公とするNHK大河ドラマ「真田丸」がスタート。脚本もキャストも話題性満載だが、実際に見てみたところ笑いあり涙あり、期待にたがわぬ面白さであった
 第1回の舞台は滅亡寸前の甲斐・武田家。家臣が次々に抜けて不安な武田勝頼を、真田兄弟の父である重臣の真田昌幸が「浅間の山が火でも噴かぬ限り武田家は安泰でござる」と大笑して励ます。その次の場面で、「48年ぶりに浅間山が噴火した」の説明と共に火を噴く浅間山が大写しになるのだった。もう一つ笑いを誘ったのは、高嶋政伸演じる北条氏政。人物紹介の映像のみだが、汁かけ飯を掻き込むように食べる姿が描かれる。「飯に汁を二度かけて食べる氏政を見て、父の氏康が『飯にかける汁の適量も分からんとは、北条もわしの代で終わりか』と嘆いた」という逸話を知っていると面白い場面である
 平岳大演じる武田勝頼は、ここでは静かで気品ある悲劇の武将として描かれる。「上州へ移るべき」という昌幸の言を容れず甲斐に残る決意をするのだが、真田一族への細やかな配慮を信繁・信幸兄弟に告げる。思いやり深い主君の言葉をじっと聞く信繁の目がみるみる赤くなり、涙がにじみ出てくる。見る人の心を動かす演技であり、脚本だった
 歴史物は、よほど斬新な視点の創作でない限り基本的に「ネタバレ」で、勝敗の行方などの興味で見せるドラマではない。この人物はこの先こう動くが、それをどう表現して見せてくれるかという、役者と作家の「仕事ぶり」を楽しませてもらうのが醍醐味である
 第1回ではまだ少年のような信繁が如何にして「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」へ育ってゆくか、日曜夜が楽しみだ。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る