印南町長選 新人湯川氏が公約発表

 現新一騎打ちが見込まれている2月2日告示、7日投開票の印南町長選で、新人の湯川和幸氏(58)=印南原=が14日、公約を発表した。
 テーマは「〝対話の行政〟町に自信と元気を」。①皆さんと役場との信頼関係を確実なものに②若年から高齢者までの連続した健康づくり③いかに「かせぐか」を意識した町づくり④自助・共助に重点を置いた防災対策⑤子育て・教育の充実⑥人口の減少対策――で、具体的に①は町職員の接遇研修や情報公開と懇談会開催、②は早期の人間ドック支援や生きがい対策・介護予防、③はバランスのとれた経済の活性化や地域資源・再生可能エネルギーの活用、④は災害発生時の効果的な対応・復旧・復興へ訓練と教育や危険箇所の点検・整備、⑤は子育て支援やいじめのない学校づくりと地域学習の推進、⑥は総合的な底上げに向けた空き家や地域おこし協力隊の活用と交流による移住促進。「役場職員として35年間の経験を生かせば必ずいいまちになる。その実現へ頑張りたい」と思いを語っている。後援会(裏野尚男会長)の事務所は町役場北約200㍍。15日午後1時から事務所開きが行われる。
 一方、2選を目指す現職の日裏勝己氏(64)=皆瀬川=も公約を発表済み。9日に事務所開きを行い、臨戦態勢を整えるなか、短期間ながら前哨戦も熱を帯びてきそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る