EV写真コンテストで田野さん最優秀賞

 関西広域連合の「第5回EV(電気自動車)・PHV(プラグインハイブリッド自動車)写真コンテスト」があり、最優秀賞に印南町印南原、会社員田野清太さん(37)が、由良町の白崎海洋公園で愛車とともに撮影した「石灰岩に囲まれて…。」が選ばれた。コンテストは電気自動車などの普及を図るとともに観光振興にもつなげるのが目的で、今回の受賞が美しい白崎の景観PRにも一役買ってくれそうだ。
 コンテストでは「あなたの街のEV・PHVが似合う風景」をテーマに作品募集。関西広域連合管内の滋賀、京都、大阪、兵庫、和歌山、徳島、鳥取の7府県から164点の応募があり、最優秀賞1点、優秀賞2点、入選10点、特別賞3点を選出した。田野さんは家族ととともに昨年1月、購入して間もない「アウトランダーPHEV」に乗って電気自動車の充電設備がある由良町大引の県立白崎青少年の家で催されたすいせん祭を楽しんだあと、近くの白崎海洋公園に立ち寄った。そこで白い石灰岩をバックに、同じく白い愛車を撮影したのが今回の最優秀賞作品。美しい景観と近未来感あふれる電気自動車とのマッチングが評価された。
 当初、コンテストの応募などは考えておらず、記念としてスマートフォンで撮影した1枚。関西広域連合のフェイスブックでコンテストのことをたまたま知って初めて応募した。表彰式は昨年暮れの京都環境フェスティバルの席上で行われており、賞状と賞品(5万円分の旅行券)を贈呈された田野さんは「他の作品のレベルが高く、工夫されている作品が多い中で、まさか最優秀をいただけるとはびっくりです。受賞を機にカメラを購入しましたので、本格的に撮影しようと思っています」と話している。
 入賞作品については、同フェスティバルで展示されたほか、関西広域連合のホームページなどにも掲載して全国発信している。今回の入選作品には、兵庫県の男性が応募した「白崎海岸を快走する」も選ばれている。

関連記事

フォトニュース

  1. 2月中旬まで見頃です

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る