日高病院 インフル早期診断装置を導入

 これから流行シーズンとなるインフルエンザの早期診断で患者の負担を軽減しようと、御坊市の国保日高総合病院は、最新型のインフルウイルス検査装置12台を導入し、今月から運用をスタートさせた。
 インフルエンザウイルスは一般的に、感染から24時間以内ではウイルス量が少ないため、これまでの測定器では感染初期段階での判定ができないことが多かった。このため、体調を崩し感染が疑われる患者であっても、薬を提供できないまま「明日また来てください」と余計な負担をかけなければならないケースもあった。
 今回導入したFUJIFILMが新しく開発した分析装置「IMMUNO AG1」は、ウイルスの検出感度が非常に優れており、これまで見過ごされてきた少量でも陽性(感染)判定できるのが特長。綿棒で鼻の穴から検体を取りだし、専用キットに入れれば15分で判定できる。早期発見、早期治療につながり重症化を防ぐことが期待できるほか、再来院の負担も減らせる。
 同病院では昨年1月だけで615件、多いときは一日に40件の検査があるほど流行シーズンは検査結果待ちの時間が長くなることから、一気に12台を導入し、臨床検査科に8台のほか、救急室に2台、小児外来に2台を設置している。1施設に12台導入している病院は全国でも珍しいという。同病院臨床検査技師長の畑忠良さんは「インフルエンザは命にかかわることもある。とくに乳幼児に対してはしっかり判定が出てからでないと投薬等の治療がしにくいため、今回の装置は早期診断と治療に大きな威力を発揮してくれると期待しています。地域の中核病院として、患者の負担軽減、集団感染防止という役割を果たしていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る