ドラマ真田丸 仁坂知事「面白そう」

 10日から放送スタートのNHK大河ドラマ『真田丸』について仁坂吉伸知事は5日、パンフレットやウェブページ開設、ロゴデザインの作成など、ドラマを契機とした「戦国わかやま誘客キャンペーン」の内容を発表。「むちゃくちゃ面白そうで、一視聴者として興奮している」と心境を述べ、「私と同じように皆さんに思っていただけるよう、あらゆる手段で和歌山と真田幸村の関係、和歌山の魅力をアピールしていきたい」と意欲を示した。
 県と県観光連盟は紀北エリア8市町、観光関係団体、JR西日本和歌山支社、南海電鉄などと「大河ドラマ『真田丸』・戦国わかやま誘客キャンペーン推進協議会」を組織。真田昌幸・幸村父子の生涯のライバル、徳川ゆかりの地、和歌山で人気のグルメ、スイーツなど、観光と物産をPRする。
 パンフレット「真田幸村と戦国わかやま物語」(A4サイズ・32㌻)は5万部発行し、JR西日本の大阪市内と和歌山地区の主要駅、近畿の道の駅、南海電鉄主要駅のほか、真田家出身の長野県上田市周辺の観光施設などにも設置。10日からは現金やペア宿泊券が当たるスタンプラリーも始まる。
 仁坂知事は定例会見で、「幸村が14年もの長い間、九度山に幽閉されながら、どうして能力を失わず、のちに大活躍できたのか。そういう重要な部分が九度山を中心とする和歌山を背景として描かれることに、個人的にはとても興味があり、一視聴者として興奮している。意外と(真田幸村の)名前しか知らないという人が多いので、皆さんに私と同じように思っていただけるよう、県としてもキャンペーンで積極的にアピールしていきたい」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る