ドラマ真田丸 仁坂知事「面白そう」

 10日から放送スタートのNHK大河ドラマ『真田丸』について仁坂吉伸知事は5日、パンフレットやウェブページ開設、ロゴデザインの作成など、ドラマを契機とした「戦国わかやま誘客キャンペーン」の内容を発表。「むちゃくちゃ面白そうで、一視聴者として興奮している」と心境を述べ、「私と同じように皆さんに思っていただけるよう、あらゆる手段で和歌山と真田幸村の関係、和歌山の魅力をアピールしていきたい」と意欲を示した。
 県と県観光連盟は紀北エリア8市町、観光関係団体、JR西日本和歌山支社、南海電鉄などと「大河ドラマ『真田丸』・戦国わかやま誘客キャンペーン推進協議会」を組織。真田昌幸・幸村父子の生涯のライバル、徳川ゆかりの地、和歌山で人気のグルメ、スイーツなど、観光と物産をPRする。
 パンフレット「真田幸村と戦国わかやま物語」(A4サイズ・32㌻)は5万部発行し、JR西日本の大阪市内と和歌山地区の主要駅、近畿の道の駅、南海電鉄主要駅のほか、真田家出身の長野県上田市周辺の観光施設などにも設置。10日からは現金やペア宿泊券が当たるスタンプラリーも始まる。
 仁坂知事は定例会見で、「幸村が14年もの長い間、九度山に幽閉されながら、どうして能力を失わず、のちに大活躍できたのか。そういう重要な部分が九度山を中心とする和歌山を背景として描かれることに、個人的にはとても興味があり、一視聴者として興奮している。意外と(真田幸村の)名前しか知らないという人が多いので、皆さんに私と同じように思っていただけるよう、県としてもキャンペーンで積極的にアピールしていきたい」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る