日高地方創生へ前進の1年に

 初売りで都心部の百貨店などでは、高価な福袋が飛ぶように売れ、昨年に引き続いて〝爆買い〟も起きているなど、テレビでは景気のよさそうなニュースが流れている。ただ、これは都心部
や大手企業にもたらす効果が大半で、恩恵が少ない地方との二極化が目立ってきているという。
 その爆買いをしてくれるインバウンド(訪日外国人観光客)は、昨年、政府が目標とする年間2000万人を突破。今後はさらに3000万人超を目指すことになっている。インバウンド観光については、マナーの問題などで一部敬遠する人もいるだろうが、うまく取り込んで〝外貨〟を獲得できれば、その地域の発展や活性化につながることは言うまでもない。
 昨年、摂南大学が由良町に対してそのインバウンド観光の可能性について提言。関西空港から約1時間の距離というアクセスの利便性を生かし、ツアーを企画したり、関空に案内所を開設したり、ネットでPRをしたりすれば、十分、外国人の観光客を誘致できるのではないかとしている。これは、由良町に限った話ではなく、寺内町や宮子姫の観光を推進している御坊市なども同じ。できることなら、日高地方の各市町や民間団体がスクラムを組んで、インバウンドを取り込む態勢や環境づくりを進めてはどうだろう。印南町では民泊で外国人観光客を誘致する取り組みも始めていると聞くので、やはり広域的な連携で一層の誘致効果を発揮できると思う。
 何でもかんでも手を出して、結局方向性が見えずに迷走することは避けたいが、都心部に負けないよう、地方でも創生を目指して前進できる1年であることを期待したい。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る