日高地方創生へ前進の1年に

 初売りで都心部の百貨店などでは、高価な福袋が飛ぶように売れ、昨年に引き続いて〝爆買い〟も起きているなど、テレビでは景気のよさそうなニュースが流れている。ただ、これは都心部
や大手企業にもたらす効果が大半で、恩恵が少ない地方との二極化が目立ってきているという。
 その爆買いをしてくれるインバウンド(訪日外国人観光客)は、昨年、政府が目標とする年間2000万人を突破。今後はさらに3000万人超を目指すことになっている。インバウンド観光については、マナーの問題などで一部敬遠する人もいるだろうが、うまく取り込んで〝外貨〟を獲得できれば、その地域の発展や活性化につながることは言うまでもない。
 昨年、摂南大学が由良町に対してそのインバウンド観光の可能性について提言。関西空港から約1時間の距離というアクセスの利便性を生かし、ツアーを企画したり、関空に案内所を開設したり、ネットでPRをしたりすれば、十分、外国人の観光客を誘致できるのではないかとしている。これは、由良町に限った話ではなく、寺内町や宮子姫の観光を推進している御坊市なども同じ。できることなら、日高地方の各市町や民間団体がスクラムを組んで、インバウンドを取り込む態勢や環境づくりを進めてはどうだろう。印南町では民泊で外国人観光客を誘致する取り組みも始めていると聞くので、やはり広域的な連携で一層の誘致効果を発揮できると思う。
 何でもかんでも手を出して、結局方向性が見えずに迷走することは避けたいが、都心部に負けないよう、地方でも創生を目指して前進できる1年であることを期待したい。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る