県の津波誤報メールで知事が陳謝

 1日午後、県が県内全域の携帯電話利用者に津波からの避難を呼びかけるメールを誤配信した件で、日高地方でも多くの人が高台などに避難し、市町役場に問い合わせや苦情の電話が殺到。県は仕事始めの4日朝、仁坂吉伸知事が取材に応え、「潮位データの入力忘れという初歩的なミスと、(トラブル発生を受けて)慌ててしまったことの2つのミスがあった。うろたえずにまずシステムを停止していれば、2度目の誤報は防げた」と反省点を挙げ、「正月の平穏を破り、県民や観光客に多大な迷惑をおかけした」と陳謝した。
 県防災企画課によると、1日午後2時8分ごろ、「和歌山県沖にて大きな津波の観測がありました。至急高台など緊急避難先へ避難し、今後の情報に注意してください」などという内容の緊急速報メールとエリアメールを県内全域に配信。約50分後の3時1分ごろには、「和歌山県沖にて観測される津波が更に大きくなっています」などという誤報メールを配信した。
 これを受けて、日高地方でも多くの住民が高台や小学校、公共施設などへ避難。御坊市役所や各町役場には「地震もないのに津波とは、間違いではないのか」という問い合わせの電話が相次いだ。
 3時15分には最初の誤報メール、3時21分には2回目の誤報メールの訂正メールを送信。3時30分ごろには県内市町村に対し、誤報だったことを知らせる内容の防災行政無線等による周知を依頼し、5時4分には「2件とも誤報であり、大変ご迷惑をおかけしました」とのお詫びのメールを送信した。
 御坊市役所は担当課の職員が緊急招集となり、市民からの問い合わせや苦情の電話の対応に追われた。美浜町では避難用外階段のある松原小学校へ10人以上が集まり、役場職員が鍵を開けて屋上へ避難したという。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る