記事を書く資格

 日本は「資格があったら飯を食っていける」というぐらいの資格社会。資格ビジネスも大盛況のようで、通信講座を運営する大手企業のHPを閲覧するとさまざまな講座が並んでいる。行政書士や司法書士など法律・ビジネス系から始まり、建築・不動産、それにパソコン・ⅠT、医療・衛生、介護・福祉・保育、料理・栄養・健康、さらには油絵など趣味の世界、音楽や教養、旅行に関するものまで100以上がずらり。実に多彩な講座が設けられている。
 以前、ペットを預かる資格を持っている人が儲かっているとテレビで紹介されていた。ペットを「家族の一員」のようにかわいがっている人たちが増え、旅行などで外出する際に利用されているようだ。近年、一人暮らしの高齢者では飼い犬の散歩になかなか行けなくなったというケースもあり、そんな時にも対応してもらえるので需要が急増。これといった経費も必要なく、一般的なサラリーマンよりかなり年収が多いと言っていた。
 ペットのちょっとした世話なら、友人や近所付き合いのある人にお願いすればいいとも思うが、依頼する側とすればお金を払ってもきちんと資格を持っている人に任せた方が安心感がある。資格には権威が伴うのだろう。
 大学卒業後20年近くやってきた新聞記者には特に資格なんてものはない。それでも、「地位はないが強い力のある者の意」で、新聞記者は「無冠の帝王」とも呼ばれる(広辞苑)職業。資格は持たなくても公平、中立、正義感、情報公開の強い意志などは絶対に必要だろう。年明けからは、まちのかじ取り役を決める選挙が続く。来年も「記事を書く資格がない」と指摘を受けることがないよう取材に当たりたい。    (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る