みなべの梅開花予想 咲き始めは2月上旬

 みなべ町は28日、来年の梅の開花予想を「咲き始めは2月上旬、満開期は同月中旬以降」と発表した。梅畑26カ所で花芽調査を実施し、つぼみの重さから過去のデータを基に割り出した。いまのところ平年並みで推移しているが、開花時期は今後の天候次第で左右される。
 今回が第1回目の調査で、町職員、JA紀州営農指導センター、日高振興局農業振興課の職員らが実施。平野部の南部地区から山間部の清川地区までの26園を対象に、基準木の小枝から30個のつぼみを採取して1つ当たりの重さを量った。町内の平均は12・5㍉㌘で、前年同期の11・1㍉㌘に対して113%の伸長率だった。過去10年間の平均の14・6㍉㌘に対して86%。
 地区別でみると、南部が12・5㍉㌘、(前年比114%)、上南部が11・6㍉㌘(同115%)、高城が13・8㍉㌘(同106%)、清川が13・9㍉㌘(同112%)となっている。山間部でつぼみの成長が大きいことについて、町うめ課では「一定期間の寒さがないとつぼみは成長しづらく、山間部の気温が低い場所で成長が早まっていると考えられる。しかし開花時期になると、通常は暖かい平野部から咲き始める」と話している。調査は開花するまで定期的に行う。
 梅の開花時期は、来年1月30日に開園する晩稲の南部梅林と2月6日に開園する岩代大梅林の観梅客の入り込みに大きく影響する。生産面からみると、花の開花が早すぎると遅霜の影響を受けやすくなることもあるという。今後の生育状況が注目される。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る