比井崎漁港の「くえのもつ缶」人気

 日高町阿尾、比井崎漁業協同組合(初井富男代表理事組合長)が3年越しで開発して販売を始めた地元名物クエの胃袋を使った缶詰め「くえのもつ缶」は、ことしの製造分がすでに完売する人気となっている。来年分は3月をめどに販売するが、いまのところクエの水揚げが少なく、製造個数がことしよりも減る見通しで、より一層「手に入りにくい」という希少価値の高さで注目を集めそうだ。
 クエは大型魚だが、胃袋は1匹につきわずか100~200㌘しか取れないという希少部位。阿尾漁港で年間さばかれているクエは約50匹で、1匹の胃袋から製造できる缶詰めは2缶から4缶。ことしは150缶の限定生産で販売していた。胃袋は淡白な味わいだが、コリコリした独特の食感が特徴で、甘辛く煮込んで缶詰めにしたことで、酒のさかななどにもってこい。1缶(80㌘入り)1000円。阿尾漁港内の直売所で販売して1年目ということもあって、知名度はまだ高くないが、珍しさが話題を呼んで、順調に売れ切れた。来年もことしと同じ150缶の製造を目指しているが、漁協によると「今シーズンのクエの水揚げが少ないので、どこまで製造できるのか分からない。本当は増産できるぐらいであればいいのだが、とてもそこまでいかない」と話している。
 クエはスズキ目ハタ科に属する海水魚で、高級食材として有名。日高町はクエの町として知られており、民宿などで提供されているほか、クエフェアなどPRイベントも行われている。クエは料理にしたら捨てるところがないと言われ、以前から胃袋は民宿などで湯引きや白みそ煮などにして振る舞われることもあるが、缶詰めは全国的にも珍しい。クエ自体〝幻の魚〟と呼ばれるが、製造数の少なさゆえに〝幻のクエのもつ缶〟となりそうだ。
 漁協ではサバの缶詰めも同時開発しており、こちらは直売所で販売中。年末年始は31日から8日まで休みとなっている。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る