印南町長選へ新人湯川氏が名乗り

 来年2月2日告示・7日投開票の印南町長選で25日、元役場職員の湯川和幸氏(58)=印南原=が名乗りを上げた。「町に自信と元気を取り戻したい」とし、これまでの無投票ムードが一転。すでに出馬表明している現職日裏勝己氏(64)=1期、皆瀬川=との一騎打ちが濃厚となり、町内は一気に選挙戦モードに突入した。
 湯川氏は印南原生まれ、印南原育ち。日高高校、追手門学院大学経済学部を卒業後、昭和55年8月から町役場に勤務し、産業課や住民福祉課の副課長を経て、ことし3月に退職した。現在は農業に従事し、印南原生産森林組合の組合長を務めている。
 この日、御坊市内で記者会見し、「役場に35年間勤務し、町行政の移り変わりを見てきたが、こんなに自信をなくし、こんなに元気がなくなっている印南町は過去にない。『印南町に自信と元気を取り戻したい』という住民の熱い声の代表として今回立候補を決意した」とし、町政について「町を活性化させる積極的な施策が行われていない」「役場職員のやる気を出してあげたい」「町民への説明をもっとする必要がある」と批判。役場庁舎の高台移転を例に挙げて「町民目線とは思えない事業の進め方や対応、言動がある」と訴えた。
 公約については「対話の行政~町に自信と元気を~」をキャッチフレーズに、「住民との対話」「健康づくり」「産業振興」「人口減少対策」「防災」「教育」の6点を挙げ、今後具体化。選挙戦へ向けては、すでに地元の印南原区から推薦を受けており、「元役場職員としての知名度を生かし、政策を訴えていきたい」と力を込めた。
 一方、日裏氏は9月の議会で2選へ向けて立候補を表明。12月の議会でも「『強靭で安全・安心なまちづくり』を基本に引き続き町政運営を担わせていただき、印南町のさらなる発展のため全身全霊を傾注していく」と抱負を述べ、表明以降一貫して「選挙戦はあるつもりにしている」と臨戦態勢を整えている。
 これで4年前の前回と同様、告示まで50日を切った段階での選挙戦モード突入。現職対新人の構図による短期間の一騎打ちでヒートアップしそうだ。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る