見えない未来を探しにいく

平成27年度御坊市民教養講座全6回が終了した。最終講座の講師はJAXAシニアフェローの川口淳一郎氏。小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーを務めた人物である
日本のロケット開発の父・糸川英夫博士にちなんで名付けられたイトカワからはやぶさが持ち帰ったのは、いわば「太陽系いにしえの記録」。その試料から、イトカワが石と金属でできている、地球とは別のタイプの天体と分かった。地球の最大の特徴は水と有機物があること。後継機「はやぶさ2」が向かっているリュウグウは、より地球と近いタイプの小惑星だという
講演では「見えているものはすべて過去のもの。見えていない未来こそ探していかなければ」というISAS名誉教授の故長友信人氏の言葉が紹介された。「未知の世界を探求する人々は地図を持たない旅人である」という、当地方にも縁のある湯川秀樹博士の言葉を思い出した
目先の成果を追求するのではなく「知の水平線」を広げることこそ大事なのだ、と川口氏は熱を込めて語った。現実社会では分かりやすい成果が要求される。「夢でメシが食えるか」とよく言われる。しかし「むしろ『夢も見れないでメシが食えるか』と言いたい」と川口氏は言われた
まだ誰も到達していない真理を見すえる視点。壮大なものに立ち向かう高揚感。そうしたものが実生活で何か役立つわけではない。だが、それを追い求める情熱は潤いや光を生み、心を育てる。文化や教養とはまさにそうしたものではないか
目先の成果にこだわることが時として必要なことも確かだが、それとはまったくスケールの違う大きな指針を掲げることは、心に高さと深さと奥行きを与え、人の器を大きくしてくれる。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 光りの向きはこっちやから…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る