御坊でロボットフェスにぎわう

 第9回きのくにロボットフェスティバルが20日に御坊市立体育館で開催され、親子連れら約8000人の人出でにぎわった。恒例のスーパーロボットショーでは、日韓のロボットが競演。ソフトバンクのロボットがAKB48の音楽でダンスを披露すると、韓国のロボットもKポップの振り付けなどでユニークな動きを披露。来場者は最新科学技術を目の当たりにして興奮していた。
 スーパーロボットショーで2度舞台に上がったソフトバンクロボティクス㈱の感情を持ったパーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」は200種類近くのアプリを供えており、言葉なども記憶していく優れもの。胸の液晶パネルにAKB48の衣装を写しだし、『ヘビーローテーション』の音楽に合わせてダンスを踊り、来場者を楽しませた。総合警備保障㈱からは自律走行型ロボット「Reborg―X(リボーグエックス)」が登場し、警備等で実際に活躍していることなどが紹介された。韓国からは小型の人型ロボット「ダーウィンミニ」(ロボティズ)が韓国ミュージックのKポップの音楽に合わせてかわいい振り付けで観客を沸かせた。災害救助ロボット「亀甲船」(光云大学)は障害物を乗り越えていくパフォーマンスを見せ、最先端の技術を披露した。高専ロボコンパフォーマンスでは、和高専のほか全国高専ロボコン2015全国大会優勝の奈良高専、準優勝の香川高専高松キャンパスが9本のポールに輪を入れて競う本年度の競技課題を実演した。
 会場ではロボットに触れるコーナーや御坊市少年少女発明クラブ展、小中学生発明の「私たちのくふう展」、ダースベイダーとの記念撮影、バザーなどもあり、人気を集めていた。開会式では実行委員会名誉会長の二階俊博代議士や会長の仁坂吉伸知事、副会長の柏木征夫市長らが出席し、一層の地域活性化へ期待を込めた。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る