「何を伝えたいか」を発信

 芸能人からマスコミに対して不信感を持っているという発言を聞く。なぜ不信感かというと、テレビやラジオで発言したとき、その一部分を切り取られ、報道されるからだという。言葉の一部を取り上げられ、意図することと違う内容で多くの人に伝えられるのが納得いかない様子。記事などにする際、記者らからは取材がない場合も多く、きちんと本人に確認したうえで報道してもらいたいと言っている。
 携帯やスマホで「言った」「言わない」は証拠として簡単に残せる時代。発言した言葉自体に間違いはないのだろうが、それだけを発信するだけで報道といえるのかというと疑問が残る。よくニュースをにぎわす「問題発言」についても、聴き方を変えたり本人の詳しい説明を聴いたりすれば大した問題でないと感じることも多い。
 政治家がよく使う「検討」。「物事をいろいろな面からよく調べ、それでいいのかどうか考えること」という意味だが、「検討」にもいろいろな「含み」がある。「一応、考えるだけ考えてみます」と「後ろ向き」のケースがあれば、逆に「絶対にやりたいことなので、なんとかいい方法を考えていきたい」と本当に実現へ向けて「検討」する前向きなケースもある。言葉を切り取って「こう発言しました」とだけ記事にしても、両者どちらの意味なのかを伝えることはできない。取材を通じて発信された検討の意味に迫り、それを伝えてこそ報道だと思う。
 新聞のいいところの一つには中立な第三者(記者)が物事を偏らずに報道することにあると思う。「何を言ったか」よりも「何を伝えたいか」をきちんと取材し、発信しなければならないとあらためて感じさせられる。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る