自分なりの宗教観を

 もうすぐクリスマスがやってくる。日高地方の各幼稚園や学校でもクリスマス会に向けての準備などに取りかかっている。筆者もケーキやフライドチキンを買おうかと考えているが、以前、アメリカ人ALTにアメリカのクリスマスを取材した際、その違いに驚いた。日本では若者は恋人と過ごすことが多いが、アメリカでは日本の正月のように家族や親戚と過ごすこと、メーンが24日の夜より25日、ケーキがなくパイやクッキー、フライドチキンもないとのこと。また子どもたちはツリーの下にサンタクロースのためにクッキー、トナカイのためにニンジンを置くとのことだった。
 それにしても日本では新年は神社で初詣、結婚はキリスト教式で挙げ、クリスマスを祝い、葬式は仏式と、宗教が入り混じっている。もちろんそうでない人もいるが。2012年にアメリカの調査機関が発表した世界各国の宗教調査の結果によると、日本は57%が無宗教と答えた。全世界230カ国以上の調査の中で、無宗教が半数を超えたのは中国、北朝鮮、チェコ、エストニア、香港、そして日本の6カ国・地域だけだったという。
 さまざまな宗教行事を行う日本人も、実際に信仰しているという意識の人は少ないようだ。ただ世界でみると無宗教は16・3%(約11億人)で、大半はなんらかの宗教を信仰していると答えた。行事はするが特定の宗教を持たないことは日本では問題ないが、信仰心が高い国では不思議に思われ、また「信頼できない人」と捉えられる場合もあるという。今後、さらに国際化が進む中、特定の宗教を信仰するにせよしないにせよ、国際理解のため自分なりの宗教観を持っておくことが必要ではないだろうか。 (城)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る