紀南地方へ足を伸ばそう

 紀勢自動車道の南紀田辺―南紀白浜間(14㌔)が7月12日、南紀白浜―すさみ南間(24㌔)が8月30日にそれぞれ開通。合わせて38㌔区間が整備され、3カ月が経過した。遅まきながら、筆者も先日に南伸した高速道路の南紀田辺からすさみ南までの全区間を初めて車で走った
いままで通っていた国道だと1時間半程度かかっていたように思うが、新しい道路は40分程度時間が短縮された。直線で坂道も少ない道路を走るのは爽快な気分。終点のすさみ南で降りると、きれいな海岸の風景が広がり、ドライブするには最高だろう。無料で通行できるというのも大きな魅力だ
 近畿地方整備局紀南河川国道事務所の調査によると、周辺を通っている道路の渋滞が緩和されるなど大きな効果が出ているという。京阪神などから紀南地方を訪れる観光客らも増え、夏場に白浜の白良浜で開催された花火大会の来場者数も昨年よりも増加した。この区間だけでなく、高速道路の全体的な通行量が増加し、阪和自動車道の印南サービスエリアの物産販売の売り上げがアップし、日高地方でも効果が表れているところもある。また、近い将来には南海トラフの巨大地震の発生が予想されているが、県民の生命を守る命の道としても期待されている
 終点のすさみ町周辺から串本町にかけては磯釣りのメッカ。これから来年の春までは寒グレが太公望のターゲットで、紀南地方の磯は多くの釣り人が訪れる。ことしは例年以上の人出が期待できるのではないか。筆者も釣り好き。釣果がなかった日の帰り道も、快適な道路が落ち込んだ気分をいくぶんか和らげてくれそうだ (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る