本仕込みの子育てが大事

 DVの被害者支援に取り組んでいる女性が、人権講演で実際の事例として話されていたことが胸を突いた。赤ちゃんがいる夫婦で、妻は夫から暴力を受けていた。赤ちゃんなりにただならぬ雰囲気を察したのだろう、大泣きしていたという。しかし、そんな日が毎日続くと、次第に赤ちゃんは母が暴力を受けていても何事もなくおもちゃで遊ぶようになった。非日常のことも毎日続くとそれが日常になってしまう。子どもが育つ環境がいかに大事であるかを感じさせられた。
 今月10日は世界人権デーだった。その日御坊市で開かれた人権講演では、猿まわし芸人の村﨑修二さんと耕平さん父子が講師を務めた。猿まわし芸と人権がどのように結びついているのかと不思議に思っていたが、2人の話と芸を見て納得した。村﨑さんたちが行っているのは「本仕込み」と呼ばれ、強制的に芸を教え込ませるのではなく、猿と仲間関係、信頼関係を築いた上で芸を教えているのが大きな特徴だった。「2足歩行もたたいて教えれば2カ月でできるようになるが、出来たことを褒めて教えると3年かかる」「怒られた猿はストレスで毛が抜けるが、うちの猿は毛並みがきれいでしょ」と自慢げに話されていたのが印象的だった。
 猿も人も、いかに愛情を注ぐかは同じ。強制ではなく、自主性を育むには時間がかかるし根気のいることだが、それを実践するのが親であり教育者であり、大人なのだとあらためて感じさせられた。自分の思い通りにならないからといって子どもにきつくあたっていないか、無理やりやらせてもそれは本当の力として身についていないのではないか。美しい毛並みのお猿さんに、子育ての初心に帰らせてもらった。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 玉に全集中してな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る