本仕込みの子育てが大事

 DVの被害者支援に取り組んでいる女性が、人権講演で実際の事例として話されていたことが胸を突いた。赤ちゃんがいる夫婦で、妻は夫から暴力を受けていた。赤ちゃんなりにただならぬ雰囲気を察したのだろう、大泣きしていたという。しかし、そんな日が毎日続くと、次第に赤ちゃんは母が暴力を受けていても何事もなくおもちゃで遊ぶようになった。非日常のことも毎日続くとそれが日常になってしまう。子どもが育つ環境がいかに大事であるかを感じさせられた。
 今月10日は世界人権デーだった。その日御坊市で開かれた人権講演では、猿まわし芸人の村﨑修二さんと耕平さん父子が講師を務めた。猿まわし芸と人権がどのように結びついているのかと不思議に思っていたが、2人の話と芸を見て納得した。村﨑さんたちが行っているのは「本仕込み」と呼ばれ、強制的に芸を教え込ませるのではなく、猿と仲間関係、信頼関係を築いた上で芸を教えているのが大きな特徴だった。「2足歩行もたたいて教えれば2カ月でできるようになるが、出来たことを褒めて教えると3年かかる」「怒られた猿はストレスで毛が抜けるが、うちの猿は毛並みがきれいでしょ」と自慢げに話されていたのが印象的だった。
 猿も人も、いかに愛情を注ぐかは同じ。強制ではなく、自主性を育むには時間がかかるし根気のいることだが、それを実践するのが親であり教育者であり、大人なのだとあらためて感じさせられた。自分の思い通りにならないからといって子どもにきつくあたっていないか、無理やりやらせてもそれは本当の力として身についていないのではないか。美しい毛並みのお猿さんに、子育ての初心に帰らせてもらった。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る